しょうゆすこや〇〇すこのお取り寄せ通販をチェック!辛味調味料がブームに!

満天青空レストランで群馬の老舗しょうゆ醸造元が開発した辛味調味料「しょうゆすこ」が紹介されていました。

近年、タバスコにひっかけて「〇〇スコ」という辛味調味料がブームになっています。10年ほど前にご当地調味料としてブームになり、また最近第二次ブームになりつつあるようです。

「しょうゆすこ」の他にもいろいろな「〇〇スコ」があるのでお取り寄せ通販をチェックしてみました!

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

「しょうゆすこ」のお取り寄せ通販は?

満天青空レストランで紹介された「しょうゆすこ」は、群馬県みどり町に工場がある老舗しょうゆ醸造元・岡直三郎商店の商品です。

いろんなメディアでも紹介されている話題の辛味調味料です。

いろんな辛味調味料「〇〇スコ」のお取り寄せ通販をチェック!

全国各地のご当地スコがブームです!!

こんなにいろんなスコがあるとはビックリです!

できるだけ紹介したいと思います。

ごまスコ(山田製油)京都 

京都にある株式会社山田製油が開発した「ごまスコ」

独自のごま油に米酢+胡椒+唐辛子、塩、ねぎ、生姜、山椒、桂皮、陳皮などを配合した辛味調味料です。

見た目は、タバスコとほぼ同じですがごまの香りと唐辛子と胡椒の辛味がマッチするやみつきになる辛味調味料です。^^;

広島にあるヤマトフーズさんが開発したレモスコ!ハバネロと青唐辛子の2種類のレモスコがあります。

レモスコとは?

レモン、酢、こしょう(青唐辛子)、塩だけの、化学調味料不使用、無着色・無香料・保存料無添加で安心・安全な辛味調味料です。

辛いだけでない酸味・旨味がしっかりきいていていろんな料理に合います。

焼肉や焼鳥に、ピザやパスタに、牡蠣やお好み焼きには、ベストマッチです。

かぼすこ(こうこう屋)大分

大分にある漬物屋・こうこう屋かぼすこです

2010年の全国ご当地調味料選手権で優勝した美味しさです。

メディアにも取り上げられて、唐揚げに良く合う調味料No.1に選ばれています。

うーん!これは合いそう(^q^)

鬼スコ(おいし工房)徳島

引用:https://www.oisi2.com/shop/products/detail.php?product_id=3

徳島の名産品すだちをベースにした辛味調味料「鬼スコ」!

名前がインパクトありますね。すだちを皮ごとすり潰して胡椒と練り込んだ「鬼スコ青」と赤唐辛子をプラスした「鬼スコ赤」の2種類があります。

スコウメ(ぷらむ工房)岩本食品・和歌山

引用:https://www.plumkoubou.co.jp/fs/plum/c/sco

和歌山のみなべ町という紀州南高梅の産地でうめ農家の岩本食品さんが作ったウメスコ

辛味とうめの酸味がちょうどいい調味料です。和風料理にも合いそうです。

島スコ(比嘉製茶)沖縄

唐辛子・沖縄塩・シィクヮシャー(シークワーサー)をMIXした“赤”の島スコ
ピパーツ(島こしょう)・沖縄塩・シィクヮシャーをMIXした“黄”の島スコの2種類があります。
ピパーツの風味が沖縄らしさを演出してくれます。(^q^)
赤はタコライス、ピザによく合います。
黄は肉料理、揚げ物などにレモンの代わりに数滴かけると美味さ倍増です。
沖縄そばには、どちらも合うのでお好みでどうぞ!
 

新潟県村上市にある醤油醸造元・小林醤油店が開発した熟成醤油と味噌ベースの2種類のスコです。

日本伝統の調味料(味噌と醤油)をベースに激辛唐辛子ハバネロを入れて熟成させた和風辛味調味料です。

辛さと深みのある旨味がクセになる調味料です。

みそスコ(佐藤醸造)愛知

引用:http://sennosachi.com/shop/products/detail.php?product_id=50

愛知県あま市にある「七宝みそと七宝醤油」で有名な佐藤醸造さんが開発したみそスコ!

尾張の特産品・豆味噌(赤だし味噌)に激辛唐辛子ハバネロを練り込んで熟成させた万能旨辛調味料です。

じゃばすこ(熊野鼓動)和歌山

引用:http://kumano-kodou.net/?pid=107963891

和歌山県田辺市の山間地にある有限会熊野鼓動さんが開発した「じゃばすこ」!
ネーミングと八咫烏のキャラクターがインパクトありますね。
 
じゃばすこのじゃばの由来は、原料にじゃばらという柑橘類の一種を使っているからです。
じゃばらの原産地は和歌山県東牟婁郡北山村で、強烈な酸味と独特な柑橘系の苦味があります。
近年は、じゃばらが花粉症に効くということで話題ですね。
※じゃばらについてはこちらの記事をどうぞ!

じゃばすこは、じゃばらを搾った果汁に砂糖(てんさい)、米酢、食塩、昆布、唐辛子を入れて熟成させたものです。

じゃばらの酸味と唐辛子の辛味、昆布の旨味がバランスよく感じられる旨辛調味料です。

洋風、和風など何でもよく合います。

まとめ

旨辛調味料「〇〇スコ」の世界は、まだまだ広がりそうです。
スバリの商品名をとるには、早めに開発したほうが有利ですね。
でも2010年に開発ブームがきて、それから10年近くしてまた第二次スコブームが2020年を前に来てる感じがしますね。
2020年は、オリンピックイヤーで海外からも多くの観光客がきますから、日本のスコ調味料を世界に広げるチャンスかもしれません。(^^)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク