台風6号(2019)の名前はナーリー!予想進路や米軍情報もチェック!

2019年7月26日に熱帯低気圧から台風6号(Nari・ナーリー)になりました。2019年の台風状況は、例年にくらべて数が少ないですね。7月末の段階でまだ6号ですから。

台風6号の名前のナーリーの由来や今後の予想進路、米軍台風情報についてもチェックしていきます。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

台風6号(2019)の名前はナーリー!意味はなに?

台風6号の名前は、台風委員会のリストから、39番目の韓国が用意した「 Nari ナーリー」です。

「 Nari ナーリー」の意味は、百合です。台風と百合ってイメージが結びつかないですね^^;

台風委員会に所属している各国の名前の付け方は、いろいろです。

日本は、星座の名前をつけています。今回の韓国は花の名前や動物名前などいろいろでとくに関連性はなさそうです。

どうやって決めたのか謎ですね。^^;

スポンサーリンク

台風6号(2019)のナーリーの予想進路は?

引用:https://tenki.jp/forecaster/r_fukutomi/2019/07/27/5382.html

7月27日(土)に紀伊半島へ上陸の予想進路です。

27日3時現在、潮岬付近にあって、北へ毎時25kmで進んでいます。中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。この台風は、27日15時には岐阜市付近に達し、その後、熱帯低気圧に変わり、28日3時には小山市付近に達するでしょう。台風周辺地域および進路にあたる地域は強風や大雨に、台風の進路にあたる海域はしけに警戒が必要です。
引用:https://tenki.jp/bousai/typhoon/1906/

大型の台風ではないですが、梅雨の長雨で地盤が緩んでいる所も多いので警戒が必要ですね。

ウェザーニュースの台風6号の最新進路予想は、こんな感じです。

28日には、関東直撃の予想進路となっています。ちょうど日曜日で通勤・通学には影響なさそうです。

スポンサーリンク

Windy.comの進路予想

windy.comの予想進路は、ウェザーニュースの予想進路よりも北側ですね。新潟付近を通過するような進路になっています。かなり激しい雨の予想になっているので注意が必要ですね。

台風6号(2019)のナーリーの米軍台風情報チェック!

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

2019年7月27日AM段階の太平洋上には熱帯低気圧に発達しそうな雲の塊がポツポツありますね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 台風6号(2019)の名前はナーリーで韓国が名付けた名前。意味は、花の「百合」。
  • 台風6号(2019)の予想進路は、27日午後に岐阜を通過し、28日朝には関東直撃の予想。

2019年は、昨年とは違い梅雨が長引き、日照不足が懸念されています。台風の数もまだ少ないですね。

台風6号が通過すればようやく梅雨明けになりそうです。太陽が待ち遠しい!でも猛暑はいやですねー^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク