田辺マミ(バウムマニア)の経歴や仕事は?おすすめのお店はどこ?【マツコの知らない世界】

2019年8月27日(火)の「マツコの知らない世界」は、「バームクーヘン」と「バウムクーヘン」の世界です。

え!?何が違うの!?という疑問形から入ってしまいましたが、どうやら本当に違うようです。気になる!!

今回は、全国9,000人のバウムマニアの頂点を極めた二人(田辺マミさん・福永小雪さん)がが登場!

え?誰?9000人の頂点ってどうやって決めたん!?など

いろいろツッコミどころ満載の企画になっています。

というわけでまずは田辺マミさんについて経歴や現在のお仕事など調べてみました。

また、番組内では田辺マミさんおすすめのバウムクーヘンも紹介されるようです。

お店の情報などもチェックしていきます。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

田辺マミ(バウムマニア)の経歴や仕事は?

結構ノリのいい田辺マミさんです^^;

年齢的には、40代後半~50代前半という感じでしょうか。

バウムマニアのトップということは、それなりにメディア露出もあったりして、ネット情報がいろいろあるかと思いましたが、まったくないですm(__)m

どういうこと!?

番組の予告紹介記事では、全国9000人の会員を持つバウムクーヘン同好会を運営しているのが田辺マミさんと福永小雪さんという紹介になっています。

そのバウムクーヘン同好会がネット上にないというのは、今どきなんで???

ネットでヒットするのは5ちゃんねるの書き込みです^^;

番組内で詳しく紹介されるかもしれないので、分かり次第追記していきます。

すみませんm(__)m

ネットでお二人のコミュニティ見つけました!

今はなつかしいmixiにありました。

引用:https://mixi.jp/view_community.pl?id=2897

確かに参加メンバーが現在9030人と会員9000人のトップというのは本当でした!

しかも開設日が2004年4月23日!ミクシー全盛時代!

今から15年前というから運営歴が長い!

このコミュニティの運営者が田辺マミさんと福永小雪さんというわけですね。

ミクシーのページからブログも運営されていることが判明!

管理人バウメ。&副管理人おちゃちは「バウムクーヘン三昧」ブログを運営しております。こちらと合わせてよろしくお願いします。 
http://baumkuchen-zanmai.seesaa.net 

お二人のブログの方は、2003年12月から開設されていますね。

全国、全世界からのおいしいバームクーヘン情報を集めるページ、
「バームクーヘン三昧」を2003年12月に開設しました。
引用:http://baumkuchen-zanmai.seesaa.net/archives/200407-1.html

お二人のバウムクーヘン愛が素晴らしいです。ここまでバウムクーヘンに愛情をそそげるのが凄いです。

「バームクーヘン三昧」を見ていけば、日本のバームクーヘン界隈の情報はすべて網羅されていそうです。ヮ(゚д゚)ォ!

継続は力なりですね。蓄積されている情報量が半端ないです^^;

しかしながら田辺マミさんの経歴や仕事についての情報については、まったくありませんでした。番組で紹介されたら追記していきます。

ブログやミクシーのコミュニティーを始められた頃は、会社勤めをされていたようですが、現在は結婚もされているのではないかと想像します。

スポンサーリンク

田辺マミ(バウムマニア)のおすすめのお店はどこ?

番組の予告では、2つのバウムクーヘンが紹介されてるのはわかりました。

ハチの焼印が押してあるので特徴的ですが、はちみつバウムクーヘンですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

¨̮♡︎ ・ 今日のおやつはコレでした🍯🍯🍯 ・ 昨日、ラーメンとうひちに行く途中で偶然みつけたバームクーヘン屋さん✨ ・ “バームクーヘン量り売り”なんて見たら気になって…てゆーのは言い訳で、甘い物に目がないのでもちろん寄りました🤩👍🏼 ・ そしたらね、ナント!!!! バームクーヘンに可愛い模様が❤️❤️❤️ ・ お店の雰囲気も町家で素敵やし、味の種類も豊富だし、可愛いし、美味しいし、これはリピ決定やな😆👍🏼💕💕 ・ さ、みんなもお店の名前を言ってみよう❣️ 言えるかな??w #ズーセスヴェゲトゥス だよ☝🏼 ・ #おやつ #バームクーヘン #はちみつバームクーヘン #めちゃうま #お店の名前が言えない😂 #夫婦で噛みまくり

すのーふれーく sayakaさん(@kojisaya1221)がシェアした投稿 –

このはちみつバウムクーヘンのお店は、ズーセス ヴェゲトゥス (京都)です。 

京都の町家風情のあるお店です。

  • 場所 京都府京都市北区紫竹下竹殿町16
  • 電話 075-634-5908 予約可
  • 営業時間 12:00〜18:00 (予約の引き渡しは11:00~19:00)
  • 定休日 水曜、木曜
  •  

このお店は、バウムクーヘンの量り売りもしてくれます♡

スポンサーリンク

ズーセス ヴェゲトゥス (京都)のバウムクーヘンのお取り寄せ通販!

>>>ズーセス ヴェゲトゥス (京都)のバウムクーヘンお取り寄せ通販ページを見てみる!

※すでに注文殺到しているようです。お届けがいつになるのか不明とのこと

店主からのお願い全文転載しておきます。うれしい悲鳴のようですが、一人で焼いているので注文が殺到すると大変なことになるだろうと想像します(・_・;)

2018.8.27再度のお知らせとご確認です。「マツコの知らない世界」放映のお知らせを少し前にさせて頂きました。もうすでに、たくさんのご注文を頂いております。予想をはるかに超える反響を頂いております。ここでもう一度お客さまへ、以下のとおりご了承いただきたい点を記しておきます。①メールやお電話でのお問い合わせには、しばらくの間お答えすることができかねます。どれぐらいの間??私にもわからないです。(ごめんなさい)②ご注文頂きましても、直ぐにお送りすることは不可能です。どのくらい待つの??今の時点では、私にもわからないです。(本当に申し訳ないです。ごめんなさい)なにせ、たった一人で焼いています。このアッツイアッツイ時季に焼ける量は、限られています。(私、人間ですし・・・ロボットちゃいますし)私は、たくさんの方々に召し上がっていただきたいと思っています。できる限り、満足のいく焼き方ができたものをお届けしたいのです。そのためにも穏やかな心で、ええ仕事がしたいのです。このへんのところご想像頂き、大きな思いやりと寛容なお心で、首を長くしてお待ちいただけると大変うれしいです。長々と泣き言のようなことを書きました。本当に申し訳ありません。
お待たせしますが、私は必ずやり遂げます。
どうぞご勘弁を~~

美味しいバウムクーヘンのために気長に待ちましょう^^;

スポンサーリンク

カーベ・カイザー(兵庫) バウムマイスターの老舗

1977年創業のバウム界の老舗ですね。お店も洋風3階建で素敵です。

カーベ・カイザーの店主は、大隅稔雄さん。

バウム職人として55年以上バウムクーヘンを焼き続けている巨匠です。

大隅さん曰く、バウムクーヘンは技術ではなく材料!行き着く先は、材料の良し悪しが技術よりもまさるという結論に達しておられます。

ですのでカーベ・カイザーの材料は、手に入る最高峰の食材のみを使用しています。

選びぬかれた材料は、

  • 北海道産の小麦粉
  • ベルギー産の発酵バター
  • 兵庫県産の七宝卵

これらの最高の材料を使ってできるだけ薄く焼き上げるのが特徴です。

薄く焼いていくので通常のバウムクーヘン(平均20層)よりもはるかに多い35層以上あるバウムクーヘンです。

材料へのこだわりと確かな技術で焼き上げられるバウムクーヘンはめちゃくちゃ美味いでしょう!

バウムクーヘンのお値段が5,832円(税込)と価格も最高峰です。

  • 場所 兵庫県西宮市甲子園四番町1-31
  • 電話 0120-47-2466 予約可
  • 営業時間 9:00~19:00
  • 定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)

カーベ・カイザーのバウムクーヘンのお取り寄せ通販は?

カーベ・カイザーの公式ページがアクセスできなくなっているようです。(・_・;)

取り急ぎ楽天を調べてみると、カーベ・カイザーのバウムクーヘンを取り扱うお店がありました!

 

「マツコの知らない世界」の影響が少し落ち着くまでは、お店のほうもテンテコ舞いかもしれません^^;

まあ、嬉しい悲鳴でしょうけど。

スポンサーリンク

洋菓子工房 年輪舎(北海道)

  • 場所 北海道深川市2条8-24
  • 電話 0164-22-3900
  • 営業時間 10:00~18:00
  • 定休日 日曜日、第二月曜日
  •  

年輪舎のお取り寄せ通販!

>>> 年輪舎のお取り寄せ通販をみてみる!

※現在、年輪舎のオンラインショップをみてみるとすべて売り切れで完売御礼となっています(・_・;)

「マツコの知らない世界」の影響はすごいですね!

スポンサーリンク

デルベア(奈良県)幻のバウムクーヘン 数年待ちのバウム

デルベアの店主は、熊倉真次さんですが一人で材料の仕入れから発送まで対応しているそうです。

ですので1日1本しか焼けないというか焼かないという、かなりの職人気質の方のようです。

でもなかなか食べられないとなると食べてみたくなるのが人間の性ですね^^;

自然の材料にこだわり安心安全なバウムクーヘンで、赤ちゃんでも安心して食べられるバウムクーヘンです。

デルベアのバウムクーヘンのお取り寄せ通販は?

デルベアのバウムクーヘンは、インターネットでのみの注文受付となっています。

店主がすべて一人でやっているのでそうなりますよね(・_・;)

>>> デルベアのお取り寄せ通販サイトをみてみる

※現在のデルベアの受注状況は、数年待ちという恐るべき状況です(・_・;)

お届けに関しましては、現在、数年後とかなりのお時間がかかってしまいそうです。何卒ご容赦ください! 

現在の発送状況でございますが、2016年6月12日22:47分台以降の受注分を順次ご連絡差し上げております。具体的には同日30分からテレビ紹介がございまして、その直後の20分間にご注文が極度に集中いたしました。そのためなかなか受注の順番が進まないように見えておりますが、なるべく早くこの状況を解消するように努力しております。店主1人で手作りしておりますので増産もかなわず、お待たせのお客様にはご心配をおかけしておりますが、なにとぞご容赦賜りますようお願い申し上げます。2019/08/15 
引用:http://www.derbar.jp/index.html

約3年待ちの状況ですね。ヮ(゚д゚)ォ!

3年っていうと注文したことも忘れてしまいますね(・_・;)

スポンサーリンク

バウムクーヘンとバームクーヘンの違いとは?

 

一文字違うだけですが、中身は全然違うんですね。知らなかった!

普段よく食べていた「バームクーヘン」は、材料・作り方に規定がないから形・見た目だけロール状になっていればいいですね。

一方、「バウムクーヘン」は、本家の国立ドイツ菓子協会規定の材料(小麦粉、バター、砂糖、卵など)というのがあってそれだけを使ったものだそうです。

国立ドイツ菓子協会の「バウムクーヘン」の定義とは?

  • 材料にベーキングパウダー(ふくらし粉)を使用しない
  • 油脂は、バター以外のものを使ってはいけない
  • バター、小麦粉、砂糖1に対して卵を2とすること

バウムクーヘンは材料やその配合比も明確に定義されているんですね。

でも日本では、バウムクーヘンの定義をベースにしながらも日本独自のバウムクーヘン文化が発展しているようです。

日本にこれだけ個性的なバウムクーヘンがあるのは本家のドイツにはない特徴かと思います。

ドイツ人もビックリではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

  • 田辺マミさんと福永小雪さんのバウムクーヘンコミュニティはmixi(ミクシー)にあった。
  • ミクシーのコミュニティーへの登録数は、現在(2019年8月)9030人。
  • 田辺マミさんの経歴や仕事(職業)は不明、SNS等はなし

田辺マミさんや福永小雪さんの経歴や仕事が謎ですね。

これだけバウムクーヘンに愛情を注いでいるなら、バウムクーヘンに関わるお仕事をされているといいなあと思ってしまいます。

番組をみながらひさびさにバームクーヘン、いやバウムクーヘンを食べたくなりました(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク