わんぱくたまご(山形県鶴岡市)のお取り寄せ通販をチェック!【ごはんジャパン】

2019年9月14日(土)の「ごはんジャパン」は、主婦がはじめたコクうま卵と題して山形県鶴岡市で安心安全な卵を生産している「わんぱく農場」が登場します!

にわとりが全羽はなしがいで健康に飼育されています。その健康なにわとりから産み落とされる卵がわんぱくたまごです。

できるだけ自然に近い飼い方で飼育された鶏だからたまごも肉も健康そのものです。

そんな健康わんぱくたまごを食べてみたい!

わんぱくたまごのお取り寄せ通販をチェックしてみました!

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

わんぱくたまご(山形県鶴岡市)のお取り寄せ通販をチェック!【ごはんジャパン】

引用:ごはんジャパン

わんぱく農場のわんぱくたまごの通販は、大手通販サイト(アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピング)などでは、取扱がありません。

お取り寄せが可能なのは、わんぱく農場のみです。

わんぱくたまごのお取り寄せ方法は?

引用:http://www.wanpakunoujou.com/order.html

お取り寄せ方法は、わんぱく農場へフリーダイヤル(0120-189-414)です。

わんぱく農場でも直販されていますので、山形県鶴岡市に行った際は、直接農場を訪れてもいいですね。

スポンサーリンク

わんぱく農場の場所は?

わんぱく農場 引用:ごはんジャパン

  • 場所 〒997-0141 山形県鶴岡市羽黒町荒川字漆畑33
  • 連絡 0235-78-0232
  • アクセス 山形自動車道 鶴岡ICか庄内あさひICから車で約20分

わんぱくたまごのごだわりとは?

わんぱく農場では鶏の餌にこだわり、完全発酵させた飼料をあたえることで臭いにおいのしない鶏糞となり、養鶏場の臭さがなくハエなどもほとんどいない養鶏場になっています。

鶏の飼料 引用:ごはんジャパン

わんぱく農場の鶏の飼料 引用:ごはんジャパン

飼料は、豆腐屋さんからおから、パン屋さんからパンに切れ端などすてられる食品残渣をうまく混ぜ合わせて、発酵させて作っています。

また、その鶏糞などを自社農場の野菜づくりにも活用し、無農薬、無化学肥料できた有機野菜の葉っぱなどはまた鶏の飼料になるという循環型農場になっています。

うーん、素晴らしい取り組みですね。循環型農業のお手本のようなところです。

農業と畜産がうまく循環している先進的な場所だと思います。

さらに、わんぱく農場さんは自社農場でできた美味しい野菜や鶏を食べてもらうため居酒屋も経営しています。

スポンサーリンク

わんぱく農場の食事処「松乃家」について

引用:http://www.matunoya.info/

わんぱく農場の美味しい鶏肉と地酒が楽しめるお店です。

  • 場所 〒997-0034 山形県鶴岡市本町一丁目3-20
  • 電話 0235-29-4150
  • 営業時間 17:30~23:00(月~木)/17:30~24:00(金・土)
  • 定休日 毎週日曜日
  • 駐車場 10台
  •  
スポンサーリンク

わんぱくたまごの黄身のハリの秘密は?

 

わんぱくたまごは、レシチンが豊富で黄身にようじを刺しても、黄身が保持されるほどです。

レシチンは、細胞の膜を形成する成分でレシチンが不足すると動脈硬化や脂肪肝などの問題が生じる可能性がある。

レシチンとは?

リン脂質の一種。細胞膜などの生体膜・脳神経・神経組織の構成成分。うなぎ、レバー、豆製品、野菜類、卵黄、酵母、カビ類、ゴマ油などに多く含まれる。脳内の神経伝達物質の合成に重要な役割をもち、脳の機能を活性化して記憶力や集中力を高め、老人性痴呆症を予防する働きをもつほか、血管壁に付着したコレステロールを溶かして動脈硬化の抑制、血管の正常化維持、肝臓・腎臓の解毒作用、脂質の代謝を促進する物質を生成して肥満の予防・改善などに効果があるとされる。
引用:https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%B3-151614

わんぱくたまごを食べていれば、レシチン不足の問題にはならないですね。

スポンサーリンク

大宮勝雄シェフ直伝!たまごをふわっとさせる方法とは?

大宮シェフ 引用:ごはんジャパン

たまごにお酢をいれると卵がふわふわになる!

引用:ごはんジャパン

お酢の分量は、卵3個にお酢大さじ1ぐらいですね。

これは、自宅でも早速やってみよう!

スポンサーリンク

まとめ

  • わんぱく農場のわんぱくたまごは、アマゾンや楽天では取扱がない!
  • わんぱく農場のわんぱくたまごの通販は、わんぱく農場のフリーダイヤルに注文!
  • わんぱく農場でも直接購入が可能!
  • わんぱく農場の場所は、山形自動車道鶴岡ICから車で約20分ほど

わんぱくたまご食べてみたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク