『劇場版マジンガーZ INFINITY』をさらに深く楽しむための方法!『マジンガーZインターバルピース』とは?

『劇場版マジンガーZ INFINITY』、2018年1月13日に公開されて盛り上がっているようですね。公開3週目の興行収入は、2.4億円で映画興行収入ランキング6位(1月末時点)だそうです。

まだまだマジンガーZの快進撃がつづきそうですが、さらにこの映画を深く楽しむための方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

『劇場版マジンガーZ INFINITY』をさらに深く楽しむための方法とは!?

今回の『劇場版マジンガーZ INFINITY』は、まったくの新作ストーリー展開となっていますが、実はテレビ版と映画版の間に位置する漫画『マジンガーZインターバルピース』というものがあります。こちらの漫画本です。

by Amazon

2018年2月現在、アマゾンでは新刊本は売り切れのようです。中古ストアで手に入るかもしれません。

この漫画は、映画版から派生したもので映画版の脚本を手掛けた小沢高広さんが著者です。この人です。写真左側の帽子をかぶっている人です。

引用:https://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20180201/E1517413198632.html?_p=3

この写真は、脚本家・小沢さんと監督・金沢さん(写真右側)の対談の様子ですが、この対談の中で、漫画『マジンガーZインターバルピース』が誕生したきっかけと小沢さんと金沢のおすすめのマジンガーZの楽しみ方が紹介されています。

金丸 映画の制作側としては最初から想定はしていなかった漫画版ですが、これが出来たおかげで10年間で変わっていく設定や人物像が分かりやすくなったので、助かったとも言えますね。
──できれば『インターバルピース』を読んでから映画を観にいった方が、色々と理解しやすいと思いました。
小沢 僕もそれをオススメしています。『マジンガーZインターバルピース』を読んで世界観を頭にいれてもらってから映画本編を見てもらって、その動きやアクションを頭に入れてもらって小説版を読むというのが一番オススメのコースです。
引用:https://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20180201/E1517413198632.html?_p=3

たしかにテレビ版から映画版の間を埋めるストーリーがあったほうがいいですよね。映画版の人物像もより深く理解できます。

『劇場版マジンガーZ INFINITY』をより深く楽しむには、まず漫画『マジンガーZインターバルピース』を読んでからですね。すでに映画を先に見ている人は、『マジンガーZインターバルピース』を読んで、もう一度映画を見ましょう。さらに深く楽しむことができるでしょう。

そして、映画を見てから小説版を読んで余韻にひたるというお楽しみコースが一番オススメとのことです。小説版はこちらです。

by Amazon

こちらは、まだアマゾンでも新刊本が販売されています。

(関連記事)

スポンサーリンク

まとめ

  • 『劇場版マジンガーZ INFINITY』をさらに深く楽しむための方法は、映画版を見る前に漫画『マジンガーZインターバルピース』を読む。
  • 映画版を見たあとは、小説版を読む。

お楽しみコースは、漫画『マジンガーZインターバルピース』を読み、映画を見て、さらに小説版を読んでより深くストーリーを味わうということになります。

個人的には、このコースを堪能してからまた映画を見るというのがより良いように思います。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク