藤あや子は旦那と死別3人とは?今の再婚相手は誰で写真はあるのか?

演歌の大御所である藤あや子さん、「魔性の女」とも噂される所以は、旦那さんと死別したり、交際した男性が不幸になったりしているらしいのです。ちょっとなかなかないケースだと思って気になって調べてみました。

そうすると再婚もされているとか、その再婚相手についても気になりますね。再婚相手がだれなのか、どんな人なのか写真などもあるのかなど、徹底調査してみました。

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

藤あや子は旦那と死別3人とは?

最近テレビのトーク番組でもよく見かけるなあと思って、ネットで藤あや子さんを検索すると「旦那」、「死別3人」、「再婚」とかのワードが目に付きます。調べていくと事情がわかってきました。

うわさの真相とは?

藤あや子さんが最初に結婚したのは、1981年で当時20歳の時です。相手の元旦那さんは2歳年上の地元(秋田)の一般の男性だそうです。

結婚してすぐに一人娘を出産しましたが、翌1982年に離婚してしまいます。そして、その元旦那さんは、その年に自殺しています。自殺の原因は、うつ病だったそうです。結婚当初からうつ病を患っていたようで離婚の原因にもなったようです。

これが1人目の元旦那の死別です。

続いては、1987年に演歌歌手・村勢真奈美としてデビューし、1989年に藤あや子と改名し、順調に歌手活動がいっていた矢先の1991年に妻子あるレコード会社の担当ディレクターと不倫関係にあったとされる男性が、藤あや子の自宅で自殺するという事件が発生します。

これが2人目の交際相手の死別です。

この事件は、自分の自宅で交際相手が自殺するわけですからかなり衝撃ですね。ただ、この件は藤あや子さんの所属事務所( バーニングプロダクション)の圧力で報道規制がかかったようです。当時、売り出し中ですから事務所のそういう対応もあったでしょうね。

続いては、2003年頃から交際していた横山やすしを父に持つ木村一八さんとの破局です。この件は、交際相手の木村一八さんが死んだわけではなく、銃刀法違反で逮捕されてしまったことで破局になったようです。ただ、この逮捕も誤認逮捕だったようですが、木村一八さんのイメージダウンは避けられず、これがきっかけで芸能界から彼の姿が消えてしまいました。

以上のように、うわさの真相は、元旦那さんとは死別、1人目の交際相手と死別、2人目の交際相手とは破局ということです。2人は死別で1人は破局というのが真実のようです。

いずれにしても男性運としては、けっして良いとは言えないようですね。

スポンサーリンク

今の再婚相手は、誰?写真はあるのか?

そんな男性運には恵まれなかった藤あやこさんですが、2017年4月に自身のブログで結婚報告を行い、周囲を驚かせました。

結婚を報告した藤あやこさんのオフィシャルブログです。

引用:https://ameblo.jp/ayako-fuji/entry-12264046786.html#cbox

藤あやこさんの再婚をスクープしたスポーツ紙によると、相手の人は藤あやこさんよりも20才以上年下の30代前半の一般男性で、藤あやこさんが通っているフェイシャルマッサージ店で働いているそうです。

交際を始めたのは2016年の秋頃からで、すでに12月には結婚を決めていたらしいのでスピード結婚ですね。

30代前半のお相手が気になりますね。藤あやこさんの娘さんが37歳前後ですから、自分の子供よりも若い男性と結婚って、ちょっと想像がつきません。^^;

この再婚相手の写真などは、出ていませんでした。

最近の藤あやこさんの画像です。

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20170413_510032.html?IMAGE&PAGE=1

確かに藤あやこさんは、55歳ですがまだまだ美しい、いわゆる美魔女だと思いますが、凄いです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 藤あや子は旦那と死別3人とは?のうわさの真相は、元旦那さんとは死別、1人目の交際相手と死別、2人目の交際相手とは破局ということだった。
  • 今の再婚相手は、30代前半の一般男性。写真はでていない。

2017年は、歌手生活30周年の年でその節目の年に再婚をはたして、プライベートも仕事もますます順調のようです。

藤あやこさんは、意外にもロックが好きなようでプライベートでも海外のロック歌手のコンサートにも出かけていくらしいです。

確かに藤あやこさんの人生を振り返ってもかなり波乱万丈な人生を歩んでこられているようですが、力強く生きてこられていてハードロックな精神力を持った人なのかもしれませんね。

ますますの活躍を期待したいと思います。

(よく読まれている記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする