前田裕二の生い立ちや国籍が気になる!石原さとみと行った竹富島のホテルが凄い!

ドラマ「アンナチュラル」でも視聴率女優として、存在感を発揮した石原さとみさんですが、またまた熱愛スクープがありましたね。

今度の相手は、ITベンチャー企業・SHOWROOM社長の前田裕二さんです。ネットでは、前田祐二と「ゆうじ」の漢字が違うパターンでも検索されているようですが、正しくは、「裕二」です。

漢字の形が似ているので間違いやすいです。「前田裕二」○、「前田祐二」×です。

さて、前田裕二さんはベンチャー企業家のようですね。2017年には自分の起業した思いなどを綴ったビジネス書を出版しています。

前田さんの生い立ちもやや特殊で国籍も日本ではなかったようです。

そんな前田裕二さんの気になる話題と石原さとみといった竹富島の豪華ホテルについて調査してみました。

早速、行ってみましょう。

スポンサーリンク

前田裕二さんの生い立ちや国籍が気になる!

前田裕二さん、人気女優・石原さとみさんとの熱愛で一躍有名になりましたね。

しかしながらそれ以前にもITベンチャー業界では、それなりに名前が知られていた起業家です。

もともとは、UBS証券の証券マンだったようですね。そこで自分のチームの目標金額を稼いだので、目標達成したということで、辞めてアメリカで起業しようとしていたタイミングでディーエヌエーの南場智子会長から「うちで勉強してから起業すればいい」と言われ、ディー・エヌ・エーに転職して、現在のSHOWROOMを立ち上げディー・エヌ・エーから分社化されています。

この経緯だけ見ても前田さんの行動力や向上心、熱量が他の人が真似できないようなスケール感があって凄いなあと思います。

前田裕二さんが社長のSHOWROOMの社長メッセージを読むと彼の原動力の源が少しわかる気がします。

引用:http://showroom.co.jp/company.html

SHOWROOMの企業ミッションは、「エンターテイメントを武器に、地球上の機会格差を無くす」と謳っています。

企業ホームページでは、1ページ近くの社長メッセージの文章がありますが、中でも次のメッセージがSHOWROOMを立ち上げた思いが詰まっていると思います。

人は生まれてくる環境や運命を自ら選択する事はできませんが、強い志さえあれば、その境遇を跳ね除け、むしろバネにして、果てしない高みに到達できます。あらゆる人が均等にチャンスを得て、投じた努力量に応じて報われ、夢が叶っていく。そんな、公平で温かい世の中を創ることが、SHOWROOMのミッションであり、存在意義です。
引用:http://showroom.co.jp/company.html

ホームページの社長メッセージでこのような文章を掲載している会社は、意外と少ない気がします。個人的には、あまり見たことがないですね。

前田さんのような、強いメッセージを発信するには、やはり彼の生い立ちが深く関わっているんだろうと容易に想像できます。裕福なお坊ちゃん育ちでは、このような考えは出てこないように思います。

人生で凄い逆境の中で育ってきたからこその思いが込められていると感じます。

前田裕二さんの生い立ちとは?

前田裕二さんの壮絶な人生の一端は、2017年6月に出版された彼の初出版本「人生の勝算」をに書かれています。

この本の内容と他からの断片的な内容をまとめて彼の生い立ちを見て行きます。

本の帯にも記載されていますが、8歳で両親を失い、天涯孤独となります。そこからが彼の生命力の強さだと思いますが、食べるためにホームレスとして炊き出しなどで食いつなぎ、何とかお金を得るために路上ライブを始めるという逞しさ。

ただ路上ライブでお金を稼げるようになるまでには、彼の出生の問題もあり相当に紆余曲折があったようです。

前田さんに確認したわけではないのでネットの断片的な記事からですが、前田さんの生まれそのものが父親の不倫相手から生まれたということで、いわゆる隠し子的なあつかいになっていたと推測されます。

しかもさらにややこしいのは、その不倫相手(前田さんの母親)は日本人ではなく韓国人(歌手)だったということです。

ゆえに生まれてから出生届けも出されず、国籍もないままに過ごしてきたそうです。前田さんの出生届けが出されたのは、母親が死んだときに前田さんの兄が出してくれたそうです。

両親がどういう理由で二人ともほぼ同時になくなってしまったのかは不明ですが、お兄さんもその時まで弟が無国籍だとは知らなかったのでしょう。

ただこの時に出された時の出生届けは、父親名はなしで母親の韓国籍を引き継いで登録されていると思われるので、21歳に日本国籍を取得(帰化)するまでは韓国籍だったということになります。

前田さんは、日本国籍を取得するのに相当に苦労したとある講演会でも話されているようです。

8歳で両親がなくなり、住む場所も亡くなってしまったそうです。普通であれば、両親の親戚が引き取るかいない場合は施設に入ることになると思います。

前田さんの場合は、父親の妹(おばさん)に引き取られることになったそうですが、なにせ不倫相手の子供ということで、おばさんの側としても受け入れに相当に葛藤があったと想像できます。

前田さんが正式に引き取られるまでに8ヶ月もかかったそうです。その間は、警察署に住んでいたそうです。

おばさんのところに引き取られてからも、前田さんとしては居心地が悪かったのでしょう。相当にグレたらしく、不良連中とつるむようなり危うく少年院にも送られそうになったこともあるようです。

その時に兄から思いっきりぶん殴られて、目が覚めたそうで悪さはせずに路上ライブでまともにお金を稼ぐことを始めたそうです。

自分でお金を稼ぎながら、2006年に早稲田大学政治経済学部に入学、2010年に卒業しUBS証券に入社という勝ち組路線に自力で乗っています。

今の前田さんの成功があるのも彼の生い立ちや兄の存在が大きように思います。自分の辛い運命に卑屈にならずに、世の中をよくしていこうという考え方ができるのが素晴らしいと思います。

そして、その想いを実行して実現していく力が凄い!自分もパワーをもらいながら、応援していきたいと思わせる魅力があります。

石原さとみさんもそんな彼の魅力に虜になってしまったのかもしんれないですね。

スポンサーリンク

石原さとみさんと行った竹富島の豪華ホテルとは?

石原さとみさんとの熱愛報道には、正直驚きました。今までのうわさの彼氏とはまったく違う人物が出てきましたからね。

でも彼氏である前田裕二さんのことを調べていくと、この恋愛はこのまま結婚までいくかもと思ったりもしています。

さて本題の二人がデートで行ったとされる竹富島のリゾートホテルにいて調べてみました。

二人が泊まったホテルは、次のホテルと推測されます。

星のや竹富島

高級リゾートホテルですね。客室はコテージになっており、完全にプライバシーが守られた形です。別荘に来た雰囲気ですね。

宿泊費用は、1泊10万円~ からです。

一度は泊まってみたいホテルですね。

まとめ

  • 前田裕二さん、SHOWROOM社長の生い立ちが壮絶だった。
  • ただその生い立ちをプラスに変えるパワーが凄い。
  • 前田裕二さんの国籍は、韓国籍から日本国籍を取得(帰化)。

前田裕二さんを石原さとみさんとの熱愛報道から知ることになりましたが、かなり魅力的な起業家というかすでに実業家ですね。

彼の元で働いてみたいという若者は、多いのではないかと思います。

前田裕二社長の「地球上の機会格差を無くす」という大きなミッションの達成を見守って行きたいとおもいます。

また、彼の著書「人生の勝算」を読み返してみたくなりました。

アマゾンPrime会員ならKindle版が現在、0円で読めます。ベストセラー1位ですね。

あと、石原さとみさんとの動向も気になりますので、引き続きフォローしていきます。

(よく読まれている記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする