ハーゲンダッツのアイスクリーム原料はタカナシ乳業の生乳だった!通販で購入できるよ!

ハーゲンダッツのアイスクリームは、美味しいですよね。

今年の夏はハーゲンダッツの業務用サイズを購入して、随分とお世話になりました。

ハーゲンダッツのアイスクリームの美味しさの秘密は、その原料が高品質で美味しいからです。

特に主原料の生乳にハーゲンダッツジャパンのこだわりがあります。

その生乳を調達しているのは、ハーゲンダッツのアイスクリームを製造しているタカナシ乳業さんです。

ハーゲンダッツジャパンの工場については別の記事に詳しくレポートしていますので御覧ください。

調べていくとハーゲンダッツのアイスクリームに使用されている生乳がタカナシ乳業さんで販売されていて、通販でも購入できることがわかりました。

早速紹介していきます。

スポンサーリンク

ハーゲンダッツのアイスクリーム原料はタカナシ乳業の生乳だった!通販で購入できるよ!

ハーゲンダッツのアイスクリームに使用されている生乳は、ほんとに特別な牛乳です。

ハーゲンダッツの公式ページをみると詳しく説明されていますね。

ハーゲンダッツのアイスクリームの美味しさの秘密とは?

原料のこだわり

ハーゲンダッツアイスクリームの基本(バニラ)の原料は、5つだけ。

  • クリーム
  • 脱脂濃縮乳
  • 砂糖
  • バニラ香料

他社のアイスクリームには、乳化剤や安定剤が普通に使われていますがハーゲンダッツのアイスクリームは、無添加で自然素材のみです。

作り方へのこだわり(空気密度とコク)

ハーゲンダッツのアイスクリームの滑らかな口当たりは、アイスクリームに含まれる空気の量に関係しています。

空気の含有量が多くなるとアイスクリームの密度は低くなり、濃厚でクリーミーな口当たりにはなりません。

ハーゲンダッツのアイスクリームは、空気の密度を低くして絶妙な口当たりを実現しています。

生乳へのこだわり

引用:https://www.haagen-dazs.co.jp/brand/academy/lesson2/

ハーゲンダッツのアイスクリームの味を決める生乳は、一番重要です。

ハーゲンダッツが選んだ牛乳は、北海道の東にある根釧地区の浜中町の牧場から調達されています。

浜中町は、酪農の町で冷涼な気候を好むホルスタインの飼育には適した環境です。

浜中町は、町を上げて牧草の土作りからこだわってストレスフリーな環境で牛を育てているので、その牛からとれる牛乳の品質、味は最高品質です。

その浜中町の生乳を調達しているのがタカナシ乳業さんです。

タカナシ乳業の通販サイト(楽天)で浜中町の生乳が購入できるよ!

このタカナシ乳業さんの「HOKKAIDO4.0牛乳」という商品が浜中町の牧場の牛さんの濃厚な牛乳です。

「北海道牛乳4.0」の商品概要

  • 商品名:HOKKAIDO4.0
  • 無脂乳固形分:8.5%以上
  • 乳脂肪分:4.0%以上
  • 原材料名:生乳100%
  • 殺菌:130℃・2秒間
  • 内容量:1000ml

乳脂肪分が4.0%以上なので商品に「4.0」がついています。

これだけ濃厚な牛乳を使ってプリンやパンなどをつくるとミルクの美味しさが感じられるものができそうです。

シチューなどにも使ってみたいですね。

自家製のヨーグルトも一度作ってみたいと思っています。

かなり濃厚なヨーグルトになりそうだと予想しています。

まとめ

ハーゲンダッツのアイスクリームには、北海道の浜中町の牧場で大事に育てられた牛産からしぼられた濃厚な生乳を使用しています。

北海道浜中町の牛乳は、タカナシ乳業さんの通販サイト(楽天)で販売されている「北海道牛乳4.0」で味わうことができます。

この「北海道牛乳4.0』を使ってスイーツやパン、シチューなどに使うとワンラックアップしたものができそうです。

(ハーゲンダッツ関連記事)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク