たつき諒の私がみた未来(完全版)の中身とは?初版との違いは何?

たつき諒(りょう)という名前を聞いたことがある人はどれくらいいるでしょうか?

予言とかスピリチュアルに興味がある人なら知ってる!知っている!ってなるくらいに予知夢で有名な人です。

たつき諒さんの予知夢のあまりの的中率に戦慄してしまうほどです。

有名なものは東日本大震災を予言してみごとに的中させてしまったということで注目も浴びている人です。

たつき諒さんの予言書ともいうべき漫画本「私がみた未来」が出版されていますがすでに絶版になっていて古本では、10万円近い値段がついている代物です。

そのプレミア漫画本が2021年7月に完全版として新たに復刻出版されることが決まっています。

なぜこのタイミングで再出版されることになったのか?

たつき諒さんの「私がみた未来(完全版)」が気になりますね。

初版との違いが何かあるのかも気になるポイントです。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

たつき諒の私がみた未来(完全版)の中身とは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

私が見た未来 完全版 [ たつき諒 ]
価格:1200円(税込、送料無料) (2021/6/23時点)

楽天で購入

たつき諒さんの「私が見た未来(完全版)」は、現在楽天ブックスで予約受付中です。

思わず予約してしまいました(^^)

幻の予言漫画復刻!!となっているので表紙などはほぼ同じです。

完全版という文字が追加されただけですね。

ちなみに初版の「私が見た未来」の表紙がこちらです。

引用:ヤフオク

タイトルの文字フォントや配置などが違うぐらいですね。

他のデザインは、同じです。

たつき諒の「私が見た未来(完全版)」でもっとも注目すべき内容とは?

この表紙で気になるのは、夢日記と題したページの1ページ目の火山が噴火している絵ですね!

引用:Amazon

たつき諒さんは、この「私が見た未来」の中で富士山の噴火を予言しています。

しかも噴火の日時まで明確に記しているんです。

その富士山噴火の予知夢は、1991年8月20日に見た夢ということです。

今から30年も前の話です(・_・;)

その富士山噴火の予言日は、「2021年8月20日」です!!

この日が最も警戒すべき日で8月中は注意しなければならいそうです。

マジか~!もうすぐなんですけど(・_・;)

2021年8月20日って月でみると満月の2日前で月の引力が最大になってくる頃と重なっていてちょっと鳥肌立つ!

たつき諒によると自然災害の予知夢は、夢を見たその日から最短15日か15年ごと、最長150年後に起きるそうです。

そして、直近の富士山噴火の予言日は、2021年8月20日!夢をみてからちょうど30年後です。

もし、2021年8月に噴火しなければ次は、2036年8月20日が危ないということになります。

最長でも2081年までには噴火するということになるそうです。

たつき諒の死亡年月日も予言している!

引用:Amazon

「大災害は、2011年3月」という記述や「DIANNA」というダイアナ妃の死亡を思わせる記述もありますね。

最後のページには、「7月15日 私の葬式」という記述もあって、自分の葬式まで予知夢でみてしまっていることになります。

うーんこれは結構衝撃です!

たつき諒の私がみた未来(完全版)と初版の違いは何かあるの?どこが違う?

完全版の中身については初版の「私が見た未来」(朝日パノラマ)の復刻版となっているので、どのあたりが完全版なのか?

今回の完全版の出版にあたって補足や追記された内容があるのか気になりますね!

現時点で出版元の飛鳥新社から公表されている内容は、以下の通りです。

元ネタにもなっている
自身の夢を書き溜めた
「夢日記」の内容を
ついに本書で初公開。

漫画に描かれたもの
描かれなかったもの―――
「夢日記」を元に
予知夢の詳細を解説。

なぜ表紙に
「大災害は2011年3月」
と描いたのか?

そして、
3.11を超える、
新たな予言とは―――

★収録予定の漫画★

◎私が見た未来
◎縁の先
◎夢のメッセージ
◎冥界の壁
◎もうひとりの自分
◎闇の中へ
◎浮遊霊
◎ちいさなカラの中
◎地下街
◎そんな馬鹿な
◎雨月物語

★「夢日記」解説
…etc.

引用:http://www.asukashinsha.co.jp/bookinfo/9784864108515.php

たつき諒さんの「夢日記」の内容が初公開は気になりますね!

完全版が手に入り次第詳しく紹介していきたいと思います。

もうしばらくお待ち下さいm(_ _)m

>>> たつき諒「私が見た未来(完全版)」を予約する!

まとめ

たつき諒さんの予言書「私が見た未来(完全版)」について紹介してきました。

漫画という体裁ですが、内容的にはかなり衝撃でその予知夢の的中率の高さに戦慄します。

たつき諒さんは、2011年3月に東日本大震災が本当に発生してから自分のあまりの無力感から自分の予知夢を公表することをやめてしまっていました。

ところが2020年からネット上で活動を再開して情報発信をはじめています。

不思議探偵社さんとコラボしていますね。

活動を再開したのには、自分の死が近いということもあるそうです。

たつき諒さんの死は、最短で2020年だったのですが、それを免れて次は、2025年だそうです。

それまでにできる限り情報発信をして未来を変えることができるならという想いもあるようです。

災害発生の最長を願いつつ備えを万全にしてほしいと思っているそうです。

活動を再開したたつき諒さんの近況については、月刊ムー7月号(2021)でも特集されていますので気になる方は、御覧ください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ムー 2021年7月号【電子書籍】[ ムー編集部 ]
価格:713円 (2021/6/23時点)

楽天で購入

たつき諒さんて女性だったんですね(^^)

たつき諒のニセモノなりすましが発覚!

※この記事を書いた時点では、まだ偽物のたつき諒の存在については、認識されていませんでした。

その後、「私が見た未来(完全版)」の発売延期が出版元の飛鳥新社などでアナウンスされて、

あれ!?どうしたのと思っていたら、たつき諒の公式Twitterが見れなくなり、コラボしていた不思議探偵社さんのホームページからもたつき諒のページがごっそりと削除されてしました。

2021年6月26日頃の時点の動向です。

そこから先の顛末については、別の記事にまとめていますのでそちらを御覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク