たつき諒のニセモノ騒動の経緯について紹介!いったい誰?本物の現在は?

最近(2021年6月下旬頃)たつき諒さんの「私が見た未来(完全版)」が再販されるのに合わせてニセモノなりすまし騒動がネットのスピリチュアル界隈で大きな騒ぎになりましたね。

この記事を書いている7月4日時点でもまだニセモノのたつき諒の正体は謎のままです。

たつき諒のニセモノなりすまし騒動の経緯やニセモノがいったい誰でどういう人物なのか?

また、本物のたつき諒の現在はどうなっているのか?

まさかもう死亡してるなんてことはないよね!?とも不安になりながら紹介していきます。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

たつき諒のニセモノなりすまし騒動の経緯について紹介!

たつき諒さんのニセモノなりすまし騒動がネットでざわつき出したのが、たつき諒さんの「私が見た未来(完全版)」の発売日が当初2021年7月20日だったものが、10月2日突然延期されたことからあれ?

どうした?

現在(7月4日時点)のAmazonの予約受付画像 引用:Amazon

※Amazonでも楽天でも「私が見た未来(完全版)」は予約受付中です。ただ発売が2021年10月2日になっていますね!

となってあれよあれという間にたつき諒のニセモノが判明したというアナウンスが関係者の謝罪とともにネットに発表されました。

ほんの数日の話ですね(汗)

ここでいう関係者とは、たつき諒(ニセモノ)とコラボしていた不思議探偵社と「私が見た未来(完全版)」の出版元の飛鳥新社です。

両者から謝罪文が出されて、注目していたネットの人達が「えー!!?」となったという感じです。

まあ、一部の人はあれはニセモノだと思っていたというコメントもありますが。

ちょっと両者(不思議探偵社、飛鳥新社)のコメントを見てみましょう!

まず、不思議探偵社からの【重要なお知らせ】ということで6月28日にTwitterに投稿されたものです。

この不思議探偵社のTwitterから公式ホームページに飛ぶと謝罪のページとなります。

不思議探偵社さんは、1年間もの間ニセモノのたつき諒に騙されて一緒に活動していたようですね。

これは、ある意味詐欺にあってしまったようなものです。

不思議探偵社のTwitterには、今回のなりすまし騒動に同情する声が多数届いています。

不思議探偵社の運営責任者・レオさんはほんとうに被害者だと言わざるを得ないですね。

法的な措置も取られるようなのできちんと解決していくことを願っています。

もう一方の関係者・出版元の飛鳥新社さんのほうを見てみましょう。

飛鳥新社のホームページのお知らせページに6月25日付けで掲載されていたのが、こちらです。

6月25日の段階で飛鳥新社では、ニセモノなりすましのTwitterアカウントを確定していて、注意喚起しています。

上のお知らせにつづいて同日にさらに「私が見た未来(完全版)」の発売延期のお詫びとお知らせが掲載されています。

さらに翌日の26日には、「私が見た未来(完全版)」の一部内容変更のお知らせが掲載されています。

このお知らせがでた段階では、不思議探偵社と飛鳥新社との話し合いが完了して、不思議探偵社は今回の再販から一切手を引くということで両者の間で協議がなされていたと思われますね。

飛鳥新社は、本物のたつき諒さんとも接触して今後の再販に向けて話し合いも大筋合意されていたと推測されます。

発売中止という事態にならなくてよかったです^^;

飛鳥新社からの6月26日のお知らせを最後に同社では、「私が見た未来(完全版)」への再販プロモーションが大々的に行われるようになっています。

youtube動画も公開されていますね(^^)

まさに完全版というのにふさわしい内容になるような予感がします(^^)

期待して待ちたいと思います。

7月4日には、「週刊さんまとマツコ」というテレビでもナオキマンがナビゲーターとなってたつき諒の「私が見た未来」の内容を特集していました。

飛鳥新社さんは、ホームページやTwitterを見る限り、今回の騒動も追い風に売る気マンマンな雰囲気が出ていて、不思議探偵社との温度差を感じずにはいれません(・_・;)

他にもオカルト雑誌の老舗「月刊ムー」もたつき諒の特集記事を掲載した7月号が出版されています。

出版後にニセモノなりすましが発覚したので、ムー編集部も謝罪することになってしまいましたね。

このムーの記事の強力をしていたのが不思議探偵社のようです。

そういった意味ででは、ムーもとばっちりを受けた形ですね。

たつき諒のニセモノなりすましはいったい誰?どんな人なの?

たつき諒の「私が見た未来(完全版)」が無事に再販されることになりそうなのでそこは良かったのですが、たつき諒になりすましていたニセモノはいったい誰なのかも気になりますね。

どんな自分なんでしょうか?

できる限り情報を集めてみました。

飛鳥新社からなりすましのTwitterアカウントについて報告されたものからチェックしてみました。

飛鳥新社よりTwitterの偽アカウント(たつき諒なりすましアカウント)として報告されたもの

@tatsukiryofusi1

@TedpfLT38ptTtGO

この二つのTwitterアカウントが現在どうなっているのか見てみましょう。

引用:Twitter

引用:Twitter

当然のことながら現在は、両方のTwitterアカウントは存在していませんでした。

@tatsukiryofusi1の投稿をスクショしたTwitterがありましたので引用しておきます。

6月26日の時点では、まだなりすましのアカウントが生きていたようです。

あと気になるTwitterのアカウントがありますね。

「@1976nenniyochim」このアカウントがなりすまし本人のようなコメントをツイートしています。

このアカウントの主がニセモノたつき諒になりすました本人の可能性がもありますが、このアカウントもニセモノなりすましのなりすましかもしれないという不安も拭いきれません。

Twitterのアカウントは誰でも複数作成できてしまうので、何でもありの世界ですからね~。

ただ、この「@1976nenniyochim」は、こんなツイートもしています。

たつき諒(本物)の現在は?

まだまだよくわからない点が多い今回のたつき諒なりすまし騒動ですが、本物のたつき諒さんは現在も沈黙を保ったままですね。

ただ飛鳥新社とは「私が見た未来」の復刻についてきちんと契約されたようなので、本物のたつき諒さんは現在も生きているということは言えそうです。

さすがに今回は、飛鳥新社も本人確認をしっかりとしているでしょうからたつき諒の本物とも直接会っているはずです。

そこで気になったのが7月4日に1週間遅れで放送された「週刊さんまとマツコ」での放送内容です。

この放送の中で、たつき諒さん本人のもとと思われる直筆サイン入りの手紙が公開されています。

7月4日放送「週刊さんまとまつこ」の一コマ

この直筆と思われる「たつき諒」というサインの文字が特徴的なので気になりましたね。

これって本物のたつき諒のサインなのかニセモノなりすましのたつき諒のサインなのかどっちなんでしょうね。

番組の中でも何も説明がなくテロップも入りませんでした。

番組の収録は、6月17日に行われていたようなのでこの段階では、まだニセモノたつき諒が本物として活動していた時期です。

ということは、この直筆サインはニセモノたつき諒のものの可能もありますね。

しかもこのメッセージもニセモノたつき諒のものということになります。

ところが7月4日の放送時には、なにも説明がなかったので正直混乱しました。

通常の放送局の対応なら説明のテロップが入るはずですね。

それがないということは、これは本物のたつき諒のサインなのかとも考えてしまいますね。

うーん、このあたりの放送局の対応もちょっと疑問に感じてしまいました(・_・;)

たつき諒のプロフィール(wiki風)

本物のたつき諒さんは、1975年、少女漫画家としてデビューして、1999年に「私が見た未来」の出版を最後に漫画家を引退しています。

  • 名前:たつき諒(竜樹諒)
  • 性別:女性
  • 血液型:O型
  • 生年月日:不明 12月2日生まれ
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 職業:元漫画家、1999年漫画家引退、現在不明
  • 発表漫画
    • 『人形物語』
    • 『時の中の少女』
    • 『水色の航空書簡』
    • 『タージ・マハル廟のある町』ほか多数。
    • 『私が見た未来』は94~98年に雑誌『ほんとにあった怖い話』および『恐怖体験』上に掲載された漫画をまとめたもので、99年に朝日ソノラマよりコミックス化。

2021年10月2日に発売される「私が見た未来(完全版)」の中には、たつき諒の現在についても新しいプロフィールが記載されるのではないかと思いますので、新しい情報が分かり次第追記していきます。

 本物のたつき諒の新しい予知夢が追記された「私が見た未来(完全版)」については、こちらの記事も御覧ください!

まとめ

たつき諒のニセモノなりすまし騒動についてその経緯をわかる範囲で紹介してきました。

結局、たつき諒のニセモノはたつき諒が活動を停止してしまったので、自分が再開させたという感じで別のTwitterアカウントで発信しているところまでは、わかりました。

個人的には、一番貧乏くじを引かされたのは不思議探偵社のような気がしますね。

ニセモノたつき諒は、1人で活動していればよかったものを不思議探偵社を巻き込んで騒動を大きくしてしまったのが罪深い気がします。

『私が見た未来(完全版)』が復刻されることになったのは不幸中の幸いですが、発売が延期になったのは残念です。

飛鳥新社には、延期しただけの十分な内容を追加して復刻してもらえることを期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク