松本薫のアイスクリーム屋はどこ?お店の名前、場所、価格、メニューを調査!

日本の柔道女子で金メダリストの松本薫さんが引退会見を行いました。試合中の激しい顔や雰囲気から野獣というアダ名がつくなどいろんな意味で注目されていた選手です。

その松本薫さんが、引退後は「アイスクリーム」作ります!と意外な発言が飛び出し、「え?え?????」という感じでした。

どんなアイスクリーム屋さんなのか、店名、場所、価格、メニューなど気になる話題を調査してみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

松本薫のアイスクリーム屋ってどこにあるの?お店の名前は?

2019年2月12日、 東京富士大学5号館1階にオープンです!

お店の名前は、「Darcy’s(ダシーズ)」

お店の名前の由来は、今の所不明です。分かり次第更新します。

松本薫さんのアイスクリーム屋さんは、東京富士大学の構内にあるようですが、あまり聞いたことがない大学です。^^;

調べてみると1943年(昭和18年)に創立の経営学部主体の大学ですね。東京富士大学(旧・東亜学院)に名前が変わったのは、2001年からです。

今回のDarcy’s(ダシーズ)の出店は、大学の授業ともコラボしているようで学生達が販売展開やマーケティングなどを実務を通して学んでいく場にもなっていくようです。

だから大学構内での出店なんですね。

松本薫さんが所属する株式会社 ベネシードが企画した新規事業のようです。

大学とのコラボは何かと双方のメリットが大きいし、学生にもメリットがありますね。

松本薫さんの経験から生まれたアイスクリーム店

今回のアイスクリーム店のコンセプトは、

食べたいけど、食べられない。
でもやっぱり食べたい。
美味しくて、面白くて、
罪悪感なく食べられるアイスクリームがあったなら
いますぐ食べたい。
そんな、あなたのために
ギルトフリーなアイスクリームを
研究し続けます。
引用:https://darcy-s.com/

身体にも優しい、健康になるアイスクリームを目指していますね。

このコンセプトは、松本薫のアスリートとしての厳しい減量体験から生まれたそうです。激しいトレーニングや減量中は、どうしても甘いものがとりたくなってしまうそうです。でも通常のアイスクリームは、あまり食べることができません。食べた時の罪悪感もでてくるそうです。

そんなつらい思いを解決したいと罪悪感のないアイスクリーム開発というコンセプトができあがったそうです。いいですね。

そんな食べて身体にいいアイスクリームとはどんなものなのか食べてみたいですね。

2月12日が待ち遠しいと思っている人も多いでしょう。

松本薫のダシーズ・アイスクリームの特徴は?

  • 乳製品不使用 牛乳、バターを使わない。
  • 白砂糖不使用 北海道で栽培される甜菜から作られる「てんさい糖」を使用。
  • グルテンフリー 小麦などの穀物に含まれるタンパク質「グルテン」を使用しない。
  • トランス脂肪酸不使用 マーガリン、ショートニングなどのトランス脂肪酸を使用しない。

アイスクリームで乳製品を使用しないというのが新しい気がします。どうやって作るんだろうと興味がわきますね。

どうやら乳製品の代わりにココナッツミルクを使うようです。詳しくは、ダシーズのホームページを御覧ください。

スポンサーリンク

松本薫のアイスクリーム屋の価格やメニューは?

アイスクリームのシリーズは、3タイプです。

  • プレミアム こだわりの食材を集めて作ったもの
  • プレミアムスーパー オーガニック認定の高級食材を使用した濃厚な味わいシリーズ
  • スーパーゾーン 更に健康志向の方のために研究した究極のシリーズ

アイスクリームのフレーバーは2種類!

引用:https://darcy-s.com/

  • ココナッツミルク × チョコクッキー
    • プレミアム 400円
    • プレミアムスーパー 500円
    • スーパーゾーン 準備中
  • 豆乳 × 焦がしキャラメル
    • プレミアム 450円
    • プレミアムスーパー 550円
    • スーパーゾーン 準備中

まとめ

  • 松本薫のアイスクリーム店は、東京富士大学5号館1階に2月12日オープン!
  • アイスクリーム店の名前は、「Darcy’s(ダシーズ)」。
  • ダシーズアイスクリームのフレーバーは2種類で素材の違いでそれぞれ3タイプの合計12種類。
  • ダシーズアイスクリームの価格は、400円~550円(2019年2月調査時)

乳製品を使用しない身体にもいいアイスクリームは、一度は食べてみたいですね。2月12日のオープン日は、大学内も結構賑わいそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク