NHKプロフェッショナル「緊急企画プロのおうちごはん」の再放送はいつ?志麻さんのレシピまとめ!

2020年4月21日(土)のNHKプロフェッショナルは、外出自粛が続く中で緊急企画として過去に出演したプロの一流料理人のおうちごはんを公開してくれています。

プロの料理人がおうちでも簡単にできる料理のつく方を実演してくれているので、これは永久保存版ですね!

今回のNHKプロフェッショナル「緊急企画プロのおうちごはん」の再放送はいつなのかチェックしています。

さらに、伝説の家政婦とよばれるタサン志麻さんが公開してくれたオーブンを使わないでできるローストビーフとチョコレートムースのレシピ・作り方をまとめてみました!

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

NHKプロフェッショナル「緊急企画プロのおうちごはん」(4月21日)の再放送はいつ?見逃し配信もチェック!

再放送日時

  • (NHK総合1・東京) 4月25日(土)午後5:15~午後6:00(45分)
  • (NHK総合1・東京) 4月28日(火)午前0:20~午前1:05(45分)

今回の放送は、再放送の要望が多いのか再放送日が2日間ありますね!

無料見逃し配信はいつまで?

NKHの見逃し配信サービス NHKプラス

  • 2020年4月1日からサービスがスタートNHK独自のサービス。登録が必要です。※登録がやや面倒でネットで新規利用申し込み後にハガキで届く確認コードを入力することで利用ができる。
  • 配信期限 :4/28(火) 午後11:15 まで

NHKプラスで見逃し配信がスタートしたので、NHK受信料を支払っているなら登録しておいて損はないのでおすすめです。

登録は無料です。ただし見逃し配信は、1週間だけです。

NHKプラスのID登録方法

NHKの受信契約をしていることが条件です。

1つのIDで同時に5画面まで視聴可能です!

NHKプラスのID登録の流れ

① メールアドレスの登録

↓ ↓ ↓

② NHKからメールが届く

↓ ↓ ↓

③ ID・パスワードの入力、受信契約の氏名、住所を入力

※入力所要時間は10分程度

↓ ↓ ↓

④ この時点でログインするとすべての見逃し配信が視聴できる

↓ ↓ ↓

⑤ 1~2週間後に届くハガキに記載されている確認コードを入力

>>> NHKプラスのIDの登録をおこなう

UNEXTの無料トライアルでNHKオンデマンドも見れる!

UNEXTは、NHKオンデマンドだけでなく映画やドラマ、アニメ・漫画の配信もあるのでおすすめです。

まずは31日間の無料トライアルでサービスを使ってみて、自分の視聴スタイルと合うか試してみてください。

>>> UNEXTの31日間の無料トライアルをみてみる!

UNEXTの解約は、公式ホームページから簡単に解約できます。

スポンサーリンク

NHKプロフェッショナル「緊急企画プロのおうちごはん」のタサン志麻さんのレシピ・作り方まとめ!

今回のタサン志麻さんのおうちごはんは、ローストビーフ野菜スープ、デザートにチョコレートムースです。

自宅でちょっと豪華なおうちごはんで気分も上がりますね!

【オーブンいらずのローストビーフ】4人分程度

ローストビーフ材料

  • 牛もも肉(かたまり)500g
  • 塩        適量(やや多め)
  • こしょう     適量
  • サラダ油     適量(多め)

ローストビーフ作り方

  • ① 肉を冷蔵庫から出して1時間以上おき、室温に戻す。
  • ② 肉の水分をキッチンペーパーでよく拭き取ってから、塩・こしょうを全体にすりこむ。
    • お肉の入っていたトレイをそのまま使うとよい!
    • 塩味が薄いと肉のうまみを感じにくくなるので、しっかりめにつける。
  • ③ 1面ずつ焼き色をつけていく。なるべく肉を動かさず、強火で30秒~1分間ずつ全面きれいに焼き色をつける。
    • 焼いているときはお肉を動かさない
    • 焼き終わったフライパンは、ソース作りに使うので、そのままおいておく
  • ④ 焼き上がった肉をラップで2重にくるんでから密封袋に入れ、できるだけ空気を抜いて湯煎できる厚手のビニール袋に入れて密閉。
  • ⑤ 大きめの深鍋にお湯を沸騰させてお肉を入れて湯煎する。肉が湯から出ないように皿などで重しをする
  • ⑥ 3分たったら火を止めて、15分おく。更に、湯から出して、さらに15分~20分おく。
    • 湯から出してすぐに切ると肉汁が出てしまうので注意!
  • ⑦ 待っている間にソースをつくる

ローストビーフ用のソースレシピ

材料
  • 赤ワイン       100cc
  • 水         50cc
  • コンソメキューブ  1/2個
  • バタ-        30g
作り方
  • ① フライパンにたまった脂を捨て、赤ワイン、水、コンソメを加え、煮詰める。
  • ② 1/3くらいになるまで煮詰め、バターを加える。

ローストビーフ用の付け合せ

冷蔵庫にあるものの野菜(ブロッコリー、アスパラ、人参、葉物野菜など)でOK!

作り方
  • ① ゆでて、ゆで汁を少し残してバターを入れ、絡めるように軽く煮詰める。
  • ② 仕上げに玉ねぎのみじん切りを加える

野菜スープ

材料は、ある野菜でOK!

志麻さんのポイントは、軽く塩をしてじっくり炒めるのが野菜の旨味を引き出すポイント!

基本は火が通りにくいもの(玉ねぎ、人参など)から炒めて、葉物は最後に入れて炒める。

全体がしんなりしたら材料がかぶるぐらいの水を加えて沸騰させてアクを取ってコンソメを加える。

中火で煮込みながらじゃがいもの角切りなどをいれて、火が通ったら仕上げにベーコンを入れる。ミックスビーンズをいれるとさらに栄養アップ!

はじめに野菜を塩をして炒めると本当にスープが美味しくなりますよ(^q^)

チョコレートムース(4人分)

材料

  • 板チョコ(ブラック) 2枚(100g)
  • 卵          3個
  • 砂糖         大さじ1

作り方

  • ① 鍋に湯を沸かす。板チョコを適当な大きさに切って、ボウルに入れ、湯せんにかける
  • ② 弱火でへらで時々チョコレートを混ぜながら、なめらかになるまで溶かす
  • ③ 卵を卵黄と卵白にわける。ふんわりしたら砂糖を加え、角が立つまでさらに泡立てる
  • ④ 卵黄をチョコレートが入ったボウルに加えて、よく混ぜる
  • ⑤ チョコレートが入ったボウルに卵白の1/2の量を入れて、泡立て器でしっかり混ぜる。その後、へらに持ちかえて、底からすくいあげるようにして混ぜる
  • ⑥ 残りの卵白を2回に分けて、今度は泡をつぶさないように大きくすくい上げて混ぜる
  • ⑦ 器に入れて冷蔵庫で冷やす
    • 食べる時にお好みでココアパウダーをかけても美味しい(^q^)
スポンサーリンク

志麻さんのおうちごはん第2弾!

NHKのプロフェッショナル「緊急企画プロのおうちごはん第3弾」で再び志麻さんが登場!

新しい簡単レシピが紹介されたので、まとめていきます。

志麻さんのレシピは、2品です。

  • お手軽レモンケーキ
  • らくらくフランス風グラタン(アッシ・パルマンティエ)

お手軽レモンケーキのレシピ

ホットケーキミックスを使うことでお手軽にできます。

材料 (2~3人分)

  • ホットケーキミックス 150g
  • レモン汁 30g(一個分)
  • バター 60g
  • ハチミツ 30g
  • 卵 1個
作り方
  • 1:レンジまたは鍋でバターを溶かす。
  • 2:ボウルにホットケーキミックスを入れ、残りの材料を全部入れて混ぜ、型に入れる。お好みで、輪切りのレモン(分量外)をのせる。
    • 志麻さんの洗い物が減るコツ はちみつの容器のままでハカリを「0」設定してから減った分量をみながら入れる ← これは便利です。
    • レモン一個分の絞り汁を入れて混ぜる
    • 生地をいれる容器は、志麻さんが用意した使い捨てのアルミの容器でもいいですし、耐熱ガラスの容器、パンケーキ用の百均などで手に入りやすいものでもOK!
  • 3:180度に予熱したオーブンで30分から40分、レモンに焦げ目がつくくらいまで焼く。
  • 4:熱いうちに、表面にハチミツ(分量外)を塗る。

とにかくホットケーキミックスがあれば他の材料をまぜるだけなのでとてもお手軽です!

ぜひ作ってみましょう!

実際、ちょ~ずぼらでつくってみたのが、こちらです。

何がずぼらかというと耐熱ガラスボール1個で完結しているところです。

はじめのバターを溶かすところから、材料をまぜる、そのまま焼くと1個の耐熱ガラスボールだけで作ってみました。

ボールの内面にまぜたときの生地が多少残っていたので、見た目きれいではないですが、おうちで食べるので問題なしです^^;

大きな洗い物がこのボールだけなのでとても楽です!

らくらくフランス風グラタン(アッシ・パルマンティエ)

志麻さんの旦那さんの故郷がフランスですから旦那さんのレシピがベースになっているのかもしれません。

志麻さんワンポイントアドバイス!

お肉の特売のときにまとめ買いしておいて冷凍しておくといいです。

こま肉や薄切り肉は、ラップにくるんでギュッと固めて冷凍しておくと余分な霜などがつかずに美味しく保存できます。

材料(3~4人分)

動画の撮影係が旦那さんなのでたまに登場していました。優しそうな旦那さんです。

それはさておき、材料は以下の通りです。

じゃがいものピュレ材料
  • じゃがいも(番組ではメークイン)5個
  • バター 25g
  • 牛乳 150ml
じゃがいものピュレ作り方

① じゃがいもは、皮をむいて1cm程度の輪切りにして、水から茹でる

② じゃがいもがホロッとなるくらいに柔らかくなったらザルにあげて水分を切る

もし、水ぽい感じなら鍋にもどして軽く火をいれて水分を飛ばす

③ 水分がある程度とんだら、バター、牛乳を加えてのばしひと煮立ちさせる。これでじゃがいものピュレは完成。

このピュレの作り方を覚えておけば、いろんなグラタンメニューに応用できますね。

牛肉のトマト煮

この牛肉のトマト煮は、万能ソーズでハヤシライスやパスタソースにもなるので作り置きして、冷凍しておけばなにかと便利です。

牛肉のトマト煮材料

  • 牛こま肉 250g
  • 玉ねぎ 1個
  • トマト缶 1缶(400g)
  • ケチャップ 大さじ3
  • 中濃ソース 大さじ2 ※オタフクソースでも美味しい
  • 砂糖 適量
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • 油 適量
  • ピザ用チーズ 適量
牛肉のトマト煮の作り方

① 玉ねぎを切り、炒める

② 玉ねぎがしんなりしてきたら牛肉を入れて、肉の色が変わったらトマト缶を入れる。

お好みでカレー粉、クミン、ハーブなどをいれてスパイシーにするのもOK

③ 仕上げでケチャップ、ソースで味付けて約10分ほどで火を止めて完成

※ この牛肉トマト煮を多めに作って作り置きしておくといろいろ料理に使えて便利です。

グラタン作りに戻ると、

牛肉トマト煮ができた段階でオーブンの予熱をスタートします。

予熱温度は、250℃です。

材料にはすべて火が入っているので、上にのせたチーズだけを高温で素早く焼くイメージです。

グラタン皿などの耐熱容器に牛肉トマト煮をいれて、じゃがいものピュレでフタをします。

お好みでチーズものせてオーブンに入れて、250℃で20分焼けば完成!

とろっとしたグラタンで、パンにつけながらたべてもおいしです(^q^)

スポンサーリンク

まとめ

伝説の家政・タサン志麻さんのローストビーフや野菜スープ、チョコレートムース美味しそうです。

自宅で挑戦してみたくなりますね!

来週のメニューに加えてみよう!!

(関連記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク