伝説の家政婦しまさんの年収は?時給はどれくらいで依頼方法は?

「沸騰ワード10」に出ていた伝説の家政婦しまさん、凄いですね。芸能人や有名人の間でも有名らしく、指名依頼がくるようです。

でも見た目も派手なところはなく、普通の主婦という感じですが家政婦しまさんはどれくらい稼いでいるのでしょうか。

気になる年収や時給を調べてみました。

また、家政婦しまさんの依頼方法も調査してみたので、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

伝説の家政婦 志麻(しま)さんの年収は?時給はどれくらい?

家政婦の志麻さんのレシピ本がバカ売れ中!って言われてますね。テレビに出るたびに売れちゃうんでしょうね。

実際に志麻さんの料理方法を見ていると「凄い!」の一言です。かなり手際がいいのと、そんんな方法があったの!という技が見事です。

そりゃー!レシピ本出せば売れるでしょ!と納得です。志麻さんのレシピは、現在まで4冊ほど出ているようです。

志麻さんのレシピ本は、1冊1,000円~1,500円程度です。Amazonでもベストセラーになるほどですから、おそらく累計で10万部以上は売れていると推測できます。

仮に少なく見積もって10万部とするとそこから志麻さんに入る印税は、10%/冊とすると、

10万部×100円(印税)で1000万円となります。ヮ(゚д゚)ォ!

そして本業の家政婦業は、1件あたり3時間~4時間程度として1日2件ぐらいはこなしていそうですから、時給2,000円~3,000円が相場らしいので日給にすると18,000円~24,000円

年間の労働日数を240日とすると、年収は430万円~580万円ですね。

一般サラリーマンの平均年収と同じくらいか少し良いくらいです。

そこに本の印税などがプラスされると軽く1,000万円は越えてきそうです。ヮ(゚д゚)ォ!

これは、サラリーマンより断然良いですね。羨ましいレベルです。

さらに、ここから大きく伸ばしていくことも可能ですからサラリーマンと違って、年収に天井がないですね!

伝説の家政婦・志麻さんの稼ぎのポテンシャルは無限大です。

スポンサーリンク

家政婦 志麻(しま)さんの依頼方法は?

伝説の家政婦ですから依頼するにも予約がいっぱいそうですが、どこに依頼すればいいんでしょうか。

実は、志麻さんは「タスカジ」という家政婦さんを派遣するサービスに登録して活動しています。

このサービスは依頼者と家政婦さんをマッチングさせるプラットホームでとてもいいと思いますね。

志麻さんに依頼するには、この「タスカジ」に登録して、あとは志麻さんに依頼するだけですが、志麻さんの移動可能上限として1時間以内とあるので、基本的に都内からの依頼しか対応できないと思われます。

プロフィールをみると志麻さんは昨年出産されたようで0歳児がいるそうです。

2月からテレビ番組の密着取材があり、撮影が可能なお客様のみ受けさせていただきます。0歳児の子供がいますので、預けられないときは同伴させていただいています。息子のお世話にかかった時間はその分延長しますので、可能なかたはどうぞよろしくお願いいたします。
引用:https://taskaji.jp/user/profile/3273

また、2月からテレビの密着取材があるんですね。凄いですね。

志麻さんの依頼料金の記載もありました!

定期の依頼もできるんですね。定期だと1回あたり6,900円、スポットで7,800円です。1回あたりの作業時間は一律3時間だそうです。

意外とリーズナブルと思ってしまいますね。忙しい共働きの家庭にはありがたいサービスだと思います。

誕生日やパーティーなどに合わせて依頼するというのもありですから、助かるしいつもと違った料理が食べられるのでとてもいいサービスです。

スポンサーリンク

伝説の家政婦 志麻さんの得意料理は?

実は、志麻さんはフランス料理のシェフをしていたそうで、プロのフランス料理人です。

本場フランスでの修行経験もあるそうでフランス語も堪能というから驚きです。

他にも焼き鳥屋でもバイトした経験があるそうで、焼き鳥も得意です。

当然ですが調理師免許も持っているので基本的にはなんでも作れるスーパー家政婦さんでした。しかもすべての料理がプロ級!

一度依頼してみたいですが、都内に住んでないので無理だな(泣)

まとめ

  • 伝説の家政婦 志麻(しま)さんの年収は、1,000万円を越えているかも。
  • 伝説の家政婦 志麻(しま)さんの依頼は、タスカジというサービスに登録して依頼する。
  • 伝説の家政婦 志麻(しま)さんは、フランス料理のプロ。

志麻さんの手際があまりにも凄いので、いつも勉強になるのですがプロの料理人だったと知って、ちょっと安心したというか普通の主婦ではなかったので、そりゃなかなか真似できないなあと妙に納得してしまいました。^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク