柴咲コウが韓国人って本名は?なぜ紅白審査員にならなかったのか?

2017年、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』で主演を努めた柴咲コウさん。以前から歌手、女優とマルチな才能を発揮して活躍しているので注目女優さんですね。ただ私生活は謎が多く、本名も非公開を貫いてらっしゃいます。ネットでは韓国人なんていう噂も出てますね。

演技や雰囲気からも何か1本筋が通った信念をお持ちのようにも見受けられます。今回もNHKの大河ドラマの主演ですから年末の紅白歌合戦の紅白審査員席は当然確保されていたでしょうに姿が見えなかったことに「あれっ?」と違和感を感じた方も多かったのではないでしょうか?

この辺の気になる話題を見ていきましょう。

スポンサーリンク

柴咲コウが韓国人?本名は何?

まずは公式ページのプロフィールから見ていきましょう。

引用:https://koshibasaki.koclass.jp/#profile

2016年ぐらいの最近の写真ですね。1981年生まれですから2018年現在37歳です。大人の女性という雰囲気で猫顔系です。本人も大の猫好きのようですですね。公式ページのプロフィールでは、東京都出身となっています。

生年月日:1981年8月5日 獅子座
出身地:東京都
血液型:B型
1998年 女優としてのキャリアをスタート。
2001年 映画「GO」での演技が高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベストテン 最優秀助演女優賞ほか、数々の映画賞を受賞。
2002年 歌手デビュー。シングル「月のしずく」(RUI)は100万枚を越えるヒットに。
2017年 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」主演。歌手デビュー15周年を迎える。
好きなこと:料理、断捨離、猫とじゃれること
猫について:熊本で運命的に出会った”のえる”、昨年お月様に召された”るな”、猫たちとの出会いはこの上ない宝物。
引用:柴咲コウ 公式ホームページ「KO Class」より

余談ですが、公式ページを見ていて気づきましたが2016年に「レトロワグラース株式会社 (Les Trois Graces Inc.)」を設立されていました。現在、代表取締役社長ですね。2017年10月には、1.6億円の資金調達もされており2018年からは本格的な事業展開をされていくようです。実業家の顔もあるんですね。本当にマルチな方ですね!驚きました。

会社の登記簿をみてみると代表者「山村幸恵」と記載されています。会社のホームページでは、代表取締役が「柴咲コウ」と記載されていますので「山村幸恵」=「柴咲コウ」で間違いないですね。本名は、「山村幸恵」読み方は「やまむらゆきえ」ですかね。

本名は、完全日本名ですのでどこから韓国人といううわさがでてきたのかわかりませんが、ネットでは顔がなんとなく韓国系とか映画で在日韓国人を演じていたからというところから出てきた可能性が高いですね。

ご両親は、北海道出身だそうで柴咲さんが生まれる前には東京に移住してきていたようです。

スポンサーリンク

なぜ紅白審査員にならなかったのか?

2017年末のNHK「紅白歌合戦」盛り上がっていましたが、審査員席に柴咲コウさんの姿がなく、共演した高橋一生さんだけが出演されていました。

「あれ、なんで?」とおもって気になっていましたがその理由がなにかとネットを検索してみると、新しく設立した会社と所属事務所との関係がうまくいっておらずNHK側が忖度したのではないかというものでした。

大河ドラマの出演中にIT企業のCEOに就任したことを発表。事務所との関係が円満でないことは明らか。一部では元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の3人が所属する『CULEN』へ、新年早々に合流するという情報まで流れています。出場が見送られたのも、それが大手メディアで一切話題にならないのも、所属事務所に忖度したものでしょう」(業界関係者)
引用:エキサイトニュース「柴咲コウ、NHKに大貢献&歌手15周年なのに『紅白』スルーの裏事情「事務所への忖度が……」

柴咲さんの所属事務所は、大手のスターダストプロモーションですのであり得なくはないかと思ってしまいますね。さらに調べていくと2016年の紅白にも出ていないんですね。柴咲さん自身は、デビュー15周年ということで大河主演も決まり、歌手としても特別枠で出たかったようですが叶わなかったというのもあって今回も出演しないというスタンスだったのかもしれないですね。

まとめ

  • 柴咲コウの本名は、「山村幸恵」で韓国人ではない。
  • 紅白審査員にならなかった理由は、NHK側の忖度か2016年紅白がらみの因縁の可能性あり。

まわりに流されずにご自身の道を進んで行かれているようです。とても魅力がある芸能人で女優、歌手、実業家としてますます活躍されていくことを期待しています。これからも注目していきたい人ですね。

(おすすめ記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!