味噌の賞味期限、消費期限ってあるの?ベストな保存方法とは?【あさイチ】

2019年1月7日(月)、新年一番目のNHK情報番組「あさイチ」の内容は、味噌の特集でした。

その味噌特集で気になった味噌の賞味期限、消費期限や保存方法について製造メーカーの人がズバッと回答してくれていました。

えー!そうだったの!!という新しい発見もあったのでまとめておきます。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

味噌の賞味期限、消費期限ってあるの?【あさイチ】

市販の味噌には、かならず賞味期限の表示ありますよね。上の画像は、メーカーの違う味噌の賞味期限の表示部分です。

味噌自体は、発酵食品で保存食として長い歴史がある食品です。味噌の種類によっては、2,3年と熟成させるものもあるくらいですから、消費期限という意味では2,3年は十分にもつものと言うことができそうです。

味噌は、開封すると空気に触れて酸化しはじめますので品質が劣化(みその色や風味が変化)していきます。

市販の味噌をもたせるためには、保存方法がもっとも重要となります。保存方法しだいでは2,3年は十分にもつ(食べられる)食品ではないかと思います。

と言っても市販味噌は、量も少ないので1年以内には食べきってしまいますね。

味噌業界の賞味期限ガイドラインとは?

味噌の業界団体・全国味噌工業協同組合連合会では、賞味・消費期限についてガイドラインを示しています。

2018年2月にそのガイドラインの改訂版が出ていて、内容をみると出荷量が最も多い米みその場合、従来は賞味期限を6ヶ月としていましたが、12ヶ月に延長しました。味噌の種類によって3ヶ月~12ヶ月までで設定するのが望ましいとしています。

ガイドライン推奨の賞味期限は、

引用:「みその賞味期限表示に関するガイドライン(改訂版)」全国味噌工業協同組合連合会 H30.2

米みその賞味期限が12ヶ月に延長された理由は、最近問題になっている食品ロス削減や海外への輸出も増えているので流通の問題もあり、賞味期限をできるだけのばす努力をしているからです。

冷蔵保存の場合は、賞味期限をもっとのばすことも可能と記載されています。

市販味噌の賞味期限表示が、12ヶ月に伸びたというのは結構大きいですね。個人的な感覚だともっと長くてもいいと思ったりしますけど、伸びただけでも良かったです。

今までは、6ヶ月の賞味期限がくると問答無用で廃棄処分されていたのが、単純に半年延びただけでも食品ロス削減効果は相当に大きいでしょうね。

まだまだ食べられる食品が表示期限がくると機械的に廃棄されるというのは、なんとももったいないことです。(;_:)

スポンサーリンク

味噌のベストな保存方法とは?【あさイチ】

「あさイチ」でメーカーの人が紹介していた味噌のベストな保存方法は、そうなんだー!と新たな発見でした。単純に知らなかっただけですが・・・^^;

その保存方法とは、冷凍庫での保存です。冷蔵庫ではないですよ~。

今までは、開封後の味噌は冷蔵庫で保存してました。^^;

そして、さらに知らなかったことがありました!

市販味噌を開封すると、下の画像のように白い紙と小さな袋(脱酸素剤)が入ってますよね。

この紙と袋をいつも捨てていいのかどうか迷っていて、使い始めのときそのままにして、紙をぺろっとめくって必要な味噌をとって使うということをしていました。

でも、味噌メーカーさんいわく、「開封後はすぐに捨てて良いんです!!」マジか!

そして、紙の代わりに食品ラップを味噌の表面に密着させるようにかぶせて、フタをして冷凍庫に保存するというのがベストな味噌の保存方法です。

味噌の表面に食品ラップをできるだけ密着させておくと味噌の酸化がおさえられるそうです。

※ここで使う食品ラップについては、安心・安全な食品ラップを使うことをオススメします。
食品ラップについてまとめた記事はこちらです。

でも冷凍庫に入れて、カチカチに凍ってしまわないのと思ってしまいますが、味噌は塩分濃度が高いので凍らないんです!

スプーンで普通にすくい取れます。そのまま味噌汁に入れて溶かすことができます。

この冷凍庫での保管をすることでさらに数ヶ月以上は、味噌の色や風味の劣化を防いで食べることができようです。

まさに、そうだったの!!という感じでした。早速我が家でも実践しています。

味噌メーカーの人も「みそは保存食品なので安全に食べられる期間が非常に長い!」と力説されていました。

そうですよねと共感してしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 【あさイチ】味噌の賞味期限、消費期限って味噌業界団体がガイドラインを示していた。2018年2月に6ヶ月から12ヶ月に賞味期限表示が伸びた。
  • 味噌のベストな保存方法は、開封後は冷凍庫で保存。
  • 味噌の白い紙と小袋(脱酸素剤)は、開封後捨ててOK。紙の代わりに食品ラップをかぶせて保存。

味噌の賞味期限について、12ヶ月に伸びたのはよかったですね。味噌の正しい保存方法も知らなかったので、今回の「あさイチ」はとても勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク