乃が美の美味さの秘密は焼きにあり!元プロ野球選手の店舗はどこ?

2019年3月3日に放送された「ゲンバビト」では、行列のできるパン屋の特集でした。

最近、パンブームが来ているので美味しいパン屋の特集が多いですね。

今回は、高級生食パン「乃が美」の美味さの秘密に迫っていました。

番組内容的には、ここまで乃が美の食パンの作り方を公開してもいいの!?という内容だったので驚きでした。

また、今回の特集で取材された乃が美の店舗は、元阪神のプロ野球選手がオーナーのお店でした。

そのオーナーが誰で、お店はどこなのかもまとめています。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

乃が美の生食パンの美味さの秘密は焼きにあり!

乃が美の生食パンのこだわりは、卵を使わず、100%カナダ産小麦だけで作っているところですが、食パンの耳まで美味しい秘密は、その焼き方にありました!

乃が美の生食パンの極薄の耳は、発酵具合の見極めから焼き方の微調整まで一連の職人ワザですね。

生地の発酵は、ミリ単位で発酵具合を見極め、均一に発酵するように発酵場所をこまめに入れ替える手間がかかっています。こだわりが凄い!

この絶妙なポイントを見極めるのにいったい何個の食パンを焼いてきたのかと考えると頭が下がります。

乃が美の生食パンの耳を究極的に美味しくするために焼き時間を短くしているのですが、これもなかなか難しいと思います。使っているパン焼き釜のクセを知って、最適な時間とそれぞれの食パンの釜内での位置関係もミリ単位で調整しています。

釜の中でパン焼き器の位置を微妙に調整しているんです。すゴッ!

単純にパン焼き器を並べているだけでなく、釜の中での熱の回り方を熟知してベストな位置に毎回調整して置いているそうです。上の画像の右下に見えている細い金属棒でそれぞれのパン焼き器の間隔を微調整していました。ヮ(゚д゚)ォ!

この調整に失敗すると焼き過ぎて耳がかたくなるそうです。

あるいは、腰折れといっていましたが、食パンの側面に折れ目がついて商品としては、アウトだそうです。厳しい!!

この画像のように側面に折れ目がついているのもアウトです。えー!これくらい良いんじゃないのーと素人的に思ってしまいますが、アウトだそうです。

このパンでも十分に美味しいような気がしますが・・・^^;

こういうパンは、従業員さんのまかないなんかになるんでしょうか?

まあ、このように乃が美の生食パンは、最終の焼きに失敗するとすべて台無しなってしまうので、パン焼き職人の腕が乃が美の生食パンの美味さの秘密といってもいいでしょう。

パンの発酵から焼き方までパン焼き職人のミリ単位の調整で美味しい生食パンが出来ているんだということがよくわかりました。

次から乃が美の生食パンを食べる時は、思い出しながら絶妙な美味さを味わってみたいと思います。

(関連記事)

スポンサーリンク

乃が美の元プロ野球選手の店舗はどこ?

今回の「ゲンバビト」では、元阪神のプロ野球選手から乃が美の店舗のオーナーになって、パン焼き職人となって人が登場していました。

その異色の経歴のパン焼き職人は、元阪神タイガース投手の多岐 篤司(たぎ あつし・50歳)さんです。

ウィキペディアにも記事がありました。

兵庫・神戸弘陵高校から1986年ドラフト4位で阪神タイガース入団。1988年はアメリカ1A・フレズノ・サンズに野球留学し、同年に1軍デビュー。
当初は本格派投手であったが投法をサイドスローに変え技巧派に転身。左腕中継ぎ要員として期待されるが、ヒジの故障に悩まされ1995年に現役引退。武器はカーブ、チェンジアップ。
現在は妻の家業である尼崎市公設地方卸売市場「浜光水産」の社長
引用:ウィキペディア

ウィキペディアでは、経歴の最後が義理の親の実家を継いで「浜光水産」の社長ということになっていますが、2016年に「浜光水産」は廃業し、乃が美のパン職人の道に転身しています。

これが47歳からの転身ですから、凄いですね。人間やる気になれば何でも出来るという証明ですね。

多岐 篤司さんが開いた乃が美の店舗は、「乃が美 はなれ神戸三宮店」です。

  • 場所 〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4-2-18
  • 電話 078-232-3056
  • 営業時間 11:00~18:00
  • 定休日 日曜日
  • アクセス 【駐車場】近隣のコインパーキングをご利用ください。
  •  

元プロ野球選手・多岐 篤司はなぜ乃が美のパン焼き職人になったのか?

これがまた不思議な縁だと思いますが、乃が美の社長・阪上雄司さんが高校時代・神戸弘陵高校の野球部の同期なんですよね。

凄い縁です。阪上社長が多岐さんに声をかけてパン焼き職人への転身を後押ししたようです。

阪上社長いわく、多岐さんの手先の器用なところや繊細な仕事ぶりを見込んでのことだったそうです。プロ野球で投手として活躍した選手は、何か持っているんですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 乃が美の生食パンの美味さの秘密は焼きにあり!パン焼き職人の絶妙な微調整が美味しい生食パンを作っている。
  • 乃が美の元プロ野球選手の店舗は、「乃が美 はなれ神戸三宮店」でオーナー兼パン焼き職人は、元阪神タイガース投手・多岐 篤司(たぎ あつし・50歳)さんだった!
  • 乃が美の社長・阪上雄司さんと多岐篤司さんは、高校時代の野球部の同期だった!

乃が美の生食パンを作っているパン焼き職人さんにもいろいろな人生、経歴があり面白いですね。

乃が美の生食パンといえども、店舗によって微妙に味が違うと感じるのもそのお店のパン焼き職人さんの思いの違いが反映されているのかもしれません。

各店舗のパン焼き職人さんの人生もわかるとさらに味わって食べれる気がするなあ。

乃が美の生食パンのブームはまだまだきそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク