みやぞんが天才を検証!ピアノも超絶うまい絶対音感の持ち主って本当!?

最近は、テレビでもよく見るようになったANZEN漫才のみやぞんさん。なんだか特殊な能力の持ち主ということで番組の企画に登場することも多くなってきました。

一部では、天才という噂もありますね。身体能力が高い上に、音楽の才能もありギターがうまいというのは、持ち芸でもギターを簡単に弾いていますので知られていますが、ピアノもうまくて、初めて聴いた音楽でもその場で弾けてしまうという絶対音感の持ち主という噂があります。

本当にそうなのか?噂の真相を探っていきましょう!

スポンサーリンク

みやぞんが天才!?を検証!

みやぞんさんが天才と言われる特殊能力から見ていきましょう!

実は、2017年6月27日に放送された『林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル』でみやぞんさんの特殊能力を脳科学的に詳しく検証されていました。

その検証内容と結果がこちらです。

みやぞんの空間認識能力

試験内容は、後ろ向きに歩きながら大きな八の字を描くというものでした。

みやぞんの結果は、非常に綺麗な8の次を描いています。

一般の人は、なかなかこんな綺麗な8の字は描くことができません。

みやぞんさんは、非常に高い空間認識能力があるということです。

みやぞんの反射能力

棒反応測定で検証されていました。落ちて来る棒をどれくらいの速さで反応して、掴むことができるのかという試験です。

みやぞんさんの棒反応は、12cmという驚きの結果に。これは、プロアスリート並の反応速度だそうです。

反応速度に換算すると0.157秒、あの短距離世界最速のウサイン・ボルト選手が0.155秒ですのでボルト並の反射神経を持っているいることになりますね。ヮ(゚д゚)ォ!

トップアスリート並の反射能力があるようです。芸人やってる場合じゃないんじゃないと思ってしまいます。

スポンサーリンク

絶対音感の持ち主って本当?

みやぞんさんは、一度聴いた音楽をその場でコピーできてしまうのですが、それは絶対音感があるからなのか?

脳科学的に脳の反応を測定していました。

検証の結果、一般人とは違う脳の使い方で音楽を聴いていることが判明。通常は、音楽を聞くと右脳が活性化するのですが、みやぞんさんは左脳が活性化していることがわかり、これはプロの音楽家の脳の使い方と同じだそうです。

専門家の話では、音を言語のように把握しているそうです。ただ、みやぞんさんは楽譜は読めないので脳の中で感覚的に音の言語化をおこなっていて、それをピアノの鍵盤に投影しているようです。

そんなことは一般の人にできない芸当ですね。生まれつき持っていた脳の癖というか使い方なんでしょうね。

しかも、自分が気持ち悪いと感じている音をずらして弾いているというから驚きです。ある音の高さを把握して、その音を一定間隔でずらして把握できる能力を「相対音感」と言うそうです。

みやぞんさんは、絶対音感の持ち主というより相対音感の持ち主のようです。

音楽の才能もプロ音楽家並ということが証明されました。

あまりにも一般人とはかけ離れた能力を持っていますね。やはり、ある意味天才と呼ばれても不思議ではありません。

(関連記事)

スポンサーリンク

まとめ

  • みやぞんの身体能力や音楽の才能の検証結果からも天才という部類に入るのではないか。
  • みやぞんは絶対音感というよりも相対音感の持ち主だった!

みやぞんさんは、人並みはずれた能力の持ち主であることがわかったわけですが、凄い能力をもっているにもかかわらず、嫌味なところがなくとてもピュアな感じなので人気がでるんでしょうね。

芸人という選択が間違ってなかったのかもしれません。これからも驚きと笑いを提供していってほしいと思います。応援してきましょう。

応援と言えば、製薬会社とのコラボ企画でおもしろいものがあります。自分の苗字を入力するとみやぞんが自分の愛称を考えてくれて、応援ソングを作って唄ってくれます。

こちらです。

最後に愛称を叫んでくれるのですが、おもしろいので暇つぶしにやってみてください。

(よく読まれている記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!